2018/04/15

ドクトルジバゴ

4月5日にNHKのBSプレミアムで放送された『ドクトルジバゴ』
録画して見ました
ロシア革命の時代を背景にしたユーリとラーラの愛の物語
30年以上前にも見たのですが、今までに一番感動を受けた映画ですね
私は男女の愛について表現するのは凄く不得意なんです
それでも紹介したい作品です
3時間12分の大作
ストーリーをここで述べるのは不可能なんですが
詩人で医師のユーリと看護師のラーラがユリアティンの図書館で再開する場面は
とても美しいシーンです
ユーリの妻トーニャに対する愛情も充分に描かれています

私にはラーラのような想いを寄せる女性はいませんでした
でも
愛しい人と京都の町でひっそりと暮らしたい、という夢があったんですよ
この映画を見終わった今思うのは
その夢は間違いではなかったんだ
それが、人としての最高の幸せなんでしょうね
この作品はそれを教えてくれました
愛に対しては、もうため息の出る年齢になりました
夢は夢で終わりましたが、見続けましょう

二人のラストは悲しいものです、深い愛がそれを補ってくれます



2018/04/07

こんな人生を歩みたい

『いずれ我が身も』 色川武大著 中公文庫
IMG_1587_convert_20180404125451.jpg

色川武大というより『麻雀放浪記』の阿佐田哲也のペンネームの方が有名ですか
阿佐田哲也の晩年のエッセイ集です
この本には若き日の放浪の思い出も描かれていますが
多くの人々との交わりも書かれています
黒鉄ヒロシ、井上陽水をはじめ昭和の有名人との交友があります
ギャンブラーのイメージの強い阿佐田氏ですが
話じょうずで、隣に居て楽しい面白い人だったんでしょう
インターネットも携帯電話もなかった時代の方が人と人との付き合いはスムーズでしたね
同氏は酒に麻雀にグルメと、男の遊びを満喫してきました
昭和の匂いがプンプンするエッセイでした

私も遅まきながらこんな人生を歩みたいですよ
でもね、心配なのは小遣いです
遊びと交友にはお金がかかるんです
阿佐田哲也はどうも小遣いには事欠かなかったみたいです
有名小説家ってやっぱり収入が良いんですな

福島や天六の裏通りの店巡り
(福島も天六も食い倒れの凝縮の町です)
コーヒーと将棋の日々
(私はアルコールがだめなんです)
趣味を同じくする面白いおっちゃんとだべりたいですね
阿佐田さん、私もあなたのような晩年を送りたいよ
「いずれ我が身も」



2018/03/31

体力は落ちていく一方です

最近は部屋のゴミ出しにも疲れを感じるようになりました
普通ごみ、資源ごみ、プラスチックごみと週3回あります
ゴミ出しなんて、以前は家事の内に入らなかったのですが家事になってきました

引退の時期で迷っています
私は部屋で引きこもっているのが嫌なんです
引退後もあっちこっちと出かけたいですね、特に京都へは
そして、いろんな本も読みたいです
これからも小遣いはそこそこ必要なんですよ
それを思うと、後しばらくは勤務を続けた方がいいのでしょうが
体調・体力は落ちていく一方です

健康を考え早めに引退するか、ゆとりを求めて仕事を続けるか
若い時から計画的な生活を送ってこれたのなら、こんな悩みはありません
気軽なセカンドライフが待っていたでしょう
でも、中途半端な人生でしたので蓄えも年金も充分ではないんです
後は野となれ山となれ、の心境で引退を決断しちゃいそうですね

IMG_1572_convert_20180328124904.jpg

来年の桜はどんなポジションで見ているでしょうか



2018/03/26

ハードな一週間

先週は交互に夜警をやっている相方の警備員さんの都合で私の勤務が多かったんです
それに、いつもの歯医者さんと親知らずの抜歯をした病院、それに眼科と、医者通いも三つ入っていました
とてもハードな一週間になりました
ブログの記事も進みません

ただ今、発汗を抑える内服薬、ドライアイの目薬、皮膚科で処方された外用薬のお世話になっています
そして先週は親知らずの抜歯の後の内服薬を服用しました
薬漬けで気分が冴えません

花粉症の影響でしょうか、ハードスケジュールのせいでしょうか、とても体がだるいんです
疲れを落とすために、お昼に部屋のお風呂に入ることもありました
以前住んでいた文化住宅にはお風呂がありませんでしたので
内風呂があるのに便利を感じます

IMG_1568_convert_20180320124944.jpg

入浴剤『バブ・ピースフルハーブ』を愛用しています
香が心を癒してくれます
ちょっとした薬草湯、冴えない気分も少し回復です



2018/03/17

大変でした

歯科にはもう10年以上通っています
親しらずの抜歯は7~8年前から何度か勧められていました
なかなかその気になりませんでしたが
先月、歯科医に改めて勧められると、心配になってきました
親知らずが横の歯を圧迫してきているんですって
3日ほど考えた末、抜歯することにしました
紹介状を書いてもらい、地元では名の通っている病院で抜歯の予約をとりました
その病院の初診ではCT撮影と血液検査を受けます
抜歯には問題のない結果だったようです

1週間後に抜歯の施術を受けました
麻酔の後、40分ほどで無事終了です
順調な施術に医師と看護師の方に感謝します
施術がしやすいように、口を大きめに開いていましたので
あごが少し疲れました

大変だったのは帰宅してからです
この日は熱い飲み物や硬い食べ物を控えるように、ということでしたので
夕食はパンとジュースにしました
入浴を控えるように、ということでしたので、お風呂には入りませんでした
いつもとは違う夜の生活、気分が冴えません

この記事を書いている日には体調も戻り、生活も元通りです
好きな夕食を取る、入浴を楽しむ
普段の何気ない生活が、いかにありがたいものであることを
改めて思い知ったエリオットです