2018/07/13

気分が滅入ります

大阪は大雨の後、猛暑に襲われています
どちらも、かないまへんな

今まで内科、歯科、眼科と通っていました
内科は発汗と疲労、眼科はドライアイ、歯科は歯周病です
最近はこれに加え、皮膚科と耳鼻咽喉科にも通っています
皮膚科は足の爪の水虫の症状、耳鼻咽喉科は外耳炎です
外耳炎は処方された点耳薬を3週間続けました
今日は違和感も薄らぎ、やっと治りかけています

一言でいうと、体はあっちこっち不良だらけなんです
いろいろな薬の効果も時間がかかるようになりました
そんな歳になっちゃったんですから、仕方がありませんね
毎日、健康スムージー代わりに野菜ジュースを飲んでいるのですが
そんなのでは、衰えに追いつきません
気分が滅入ってしまいます
朝起きた時に感じる疲労は増すばかりで
スーパー銭湯で回復した体力も二日と持たなくなりました
ポンコツはどうにもなりませんね
生活のチェンジの日が近づいてきましたか



2018/07/06

ベゴニア

今日の大阪は大雨で強風です
雨は後3日ほど続くそうです
天気も気分も晴れませんね

この季節、仏壇の花の水は水道水を直接入れていません
生ぬるいですからね
そのまま入れるのは植物には良くないそうです
何年か前、警備の現場で主婦の人から教えてもらいました
水道水をコップに入れて冷蔵庫で冷やします
この水を花瓶に入れています
すると花の持ちが少し長くなるそうです
2年前に商店街の花屋さんで聞きました

IMG_1638_convert_20180702201938.jpg

母の日の数日後に添えた、ベゴニア
カーネーションが早く枯れちゃったので、買い替えました
お昼はベランダに置いて、日光に当てています
お水は冷やしたやつで
とても、長持ちしてくれていますよ



2018/06/29

地震の日

大阪北部地震、発生の時は警備しているビルの正面玄関にいました
シャッターのざわめく音の後、強い揺れに襲われ立って居られません、しゃがみ込みました
地震対応その他でこの日は職場を離れたのがお昼過ぎです
まだ、阪急電車は動いていませんので、タクシーで帰宅しました
テレビの報道では
東淀川区でも多くの被害が起こっているとのことです

東淀川区の自宅に戻りますと
マンションのエレベーターは止まっていました
階段で3階まで上がります
恐る恐る、部屋の扉を開けました
タンスの下二つの本を入れてある引き出しが飛び出ていました
かなりの重さなんですが
この部屋も相当の揺れだったんでしょう
ですが、タンスの上に置いている仏壇は無事で花瓶やローソク立はそのままです
過去帳を載せている台が倒れていただけでした
タンス下部より上の方が揺れは強かったはずなのに、不思議なことがあるものです
父母をはじめ祖先の人たちが守ってくれたのでしょう

IMG_1627_convert_20180626194843.jpg

32型の我が家のテレビです
引っ越してきた時に耐震対策で緑の養生テープを台に貼りました
見ばえは悪いのですが、びくともしなかったようです
ちょっとした対策も、ばかにできませんね



2018/06/22

趣味と出会えて

ここのところ体調がよくありません
それに加え、休みの日に所用が続き、将棋を指す日がありませんでした
将棋と離れると気分がいまいちですね
最近になって気づいたことなんですが
趣味のある人って意外に少ない、特に男性は、ってことです
同じ年代の人たちとの集まりでも、世間話が主で趣味の話が出てこないんです
「どこそこへ釣りに行ってきた」とか
「近所の碁会所で楽しんでいる」とか耳にしません
今までは皆さん、私と同じで自分の時間は好きなことをしているんだ、って思ってたのですが
どうも、そうではないようです
私は少数派みたいです
自分の好きなこと関心のあることに長い人生でも出会えない人が多いんですね

趣味は心を潤してくれます
将棋を指している時は辛いこと嫌なことを忘れます
京都の町を歩いている時はロマンと哀愁に浸れます
将棋と京都の散策、二つの趣味と出会えて私は幸せな人生だったんですね



2018/06/16

名勝負

NHKのBS放送の『ワールドカップ伝説の名勝負』
1974年西ドイツ大会決勝 西ドイツ対オランダ
わくわくしながら見ましたよ
44年前、日本でも試合が放送され、その時も見ていたのです
西ドイツのベッケンバウアー、オランダのクライフ、伝説のスーパースターのプレーです
ブラジルのルイス・ペレイラなんて名ディフェンスもいましたね
この選手も好きでした
この大会でオランダが今では当然のラインディフェンスを初めて採用したのですです
とても攻撃的なサッカーに世界が衝撃を受けました

世界のサッカーやワールドカップに関心をもったのはその時からでした
当時の日本サッカーは弱くアマチュアの時代でワールドカップなんて別世界の夢物語でした
長く日本サッカーを見てきて思うのは
日本ではストライカーが育たないということです
今日本に何人フォワードがいて、過去に何人いたのか知りませんが
ストライカーと言えるのは、釜本邦茂と中山雅史の2人だけですね
これは、日本の少年たちがシュートからではなくボールコントロールからサッカーを始めるからでしょう

間もなくロシア大会 日本対コロンビアの一戦を迎えます
ストライカーはいませんが
40年も50年も語り継がれる名勝負を頼みまっせ